子どもプログラミングスクールDToyBox ブログ > 東山教室の様子(久々更新)

東山教室の様子(久々更新)

IMG_0980

久しぶりに東山教室の様子をお伝えしようと思います。

本日13時~のクラスは6名。
小学1年生から中学1年生までの生徒さんたちです。

内容もさまざまで、
Scratch始めたばかりの生徒さん、Scratchで自作ゲーム作りの生徒さん
C言語の生徒さんとバラエティーに富んでいます!
IMG_0980
自作ゲーム作りのHくんは、かなり仕様にこだわったので、苦労して作っています。
設計から含めたら約半年(12回)奮闘しています。
でも、もう少しで完成しそう。難しい考え方のところもあったけどよく頑張りました。

C言語のKくんは、C言語を始めてから約4か月。
その前にScratch基礎カリキュラムを約1年半学習しているので、C言語の文法習得が早いなぁと思います。
条件分岐のifとswitchが終わり次からループの文法を学びます。
IMG_0982_higashiyama
Kくんは、本に書いてあるCのコードを見ながら入力しているわけでは無く、
出来るだけ考えながらコード入力しているところにポイントがあります。

言語を初めて学ぶ時、書籍に乗っているサンプルをとりあえず入力して実行するパターンが多いです。
最初のうちはそれを繰り返し、コード入力に慣れる事も必要ですが、
その次の段階へ進みたい時、ちょっとした壁があります・・

その壁は・・
「コードを書き移すのではなく、自分で考えてコードを書く。」
です。

なので教室では、可能な限り、
「やりたい事を生徒に伝えて、習った内容は思い出しながらコードを書く」
を心がけて指導しています。

これからもDToyBoxでは、
ScratchもC言語も「自分で考えて作れるようになる」「よい作り方を心がける」を中心に指導していきます。

/* Bootstrap3 js */